歯の黄ばみ落としに効果的な歯ブラシの使い方と選び方

歯の黄ばみ落としの基本となるのが「歯ブラシ」と「歯磨き剤」です。

とくに歯ブラシの性能には商品によって大きな差があり、100円ショップやワゴンセールで販売されているような商品を使っていると、十分なブラッシングをすることは難しくなります。

最近では”ホワイトニング歯磨き剤”に、効果の高いものがたくさん開発され使われている人も多いはずです。

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

しかし、「思ったほど効果が上がらない」と感じたら、それは”歯ブラシ”に原因があるのかも知れません。

ここでは、歯の黄ばみ落としに効果的な歯ブラシの使い方と選び方をご紹介します。

歯の黄ばみ落としに効果的な歯ブラシの使い方

歯のブラッシング方法にはいくつかの種類があります。

昔は歯に対して「垂直」に動かすブラッシングが推奨されていましたが、現在では歯に対して「水平」にブラシを当て、そして”小刻み”に動かす方法が勧められています。

また、歯ブラシの持ち方も「棒を握るように持つ」のではなく、「ペングリップ」という指の先で軽く握る持ち方がベストです。

これらの動かし方と握り方は「歯の表面を傷つけず汚れを落とす」効果が高いと考えられています。

歯の黄ばみの原因の一つが「ブラッシング時に付く傷」です。小さなキズにステイン汚れが入り込むことで、歯が黄色や茶色にくすんでしまうのです。

歯の表面を傷つけずステイン汚れだけを洗浄できる、正しい歯ブラシの使い方をマスターしておきましょう。

やわらかい歯ブラシを使う

歯ブラシの毛の硬さにも注意が必要です。

硬い毛の方が汚れが落ちやすく感じますが、前述したように、歯の表面に傷がつきやすくなります。

最近では歯磨き剤の性能も進歩していて、強く磨き込まなくてもステインを分解して落としてくれるような「ホワイトニング歯磨き粉」がたくさんあるのです。

やわらかい歯ブラシでも正しく使えば、エナメル質にダメージを与えず、黄ばみの原因となる色素汚れだけを洗い落とすことができます。

歯と歯の隙間を磨けるものを使う

効果の高いホワイトニング歯磨き粉を使っている人には、歯の表面の真ん中ばかりが白くなって、歯と歯の隙間付近に黄ばみが残っているような場合があります。

これは、歯ブラシの形状や毛の形が悪く、歯の入り組んだ場所に毛先がとどいていないことが原因です。

より細部にまで毛先が届き、食べかすやステイン汚れが除去できるような、機能性の高い歯ブラシを選ぶことが大切です。

歯の黄ばみ落としに効果的な歯ブラシ(電動も含む)3選

①リーチ ホワイトニングコンパクト

【価格】¥660

「リーチ」はテレビコマーシャルでも目にすることが多い、オーラルケアブランドです。

『リーチ ホワイトニングコンパクト』は、その中でも”ホワイトニング”に特化した歯ブラシのラインナップです。

歯ブラシの評価は高く、人間工学に基づいた設計されている高機能な歯ブラシがシリーズ化されています。

リーチホワイトニングコンパクトの特徴は、歯ブラシの「毛」の部分にあります。

歯全体のステインを取り除く毛と、細部に入り込んでステインを除去する毛の2種類が使われ、ヘッドの裏面には、「ホワイトニングパッド」という特殊なラバーパッドが付けられています。

ヘッドの形状も種類が豊富で、あらゆる口内の大きさ・形状に対応できるのです。

また、疲れずベストな角度に毛先を当てられるよう工夫されたグリップも特徴的ですので、長時間のブラッシングにも向いています。

②エビス プラチナケア 歯ブラシ

【価格】¥350

歯ブラシと歯磨き粉の専門メーカー「エビス」の歯ブラシは、品質の高い歯ブラシ作りをしていることで有名です。

『エビス プラチナケア 歯ブラシ』は高密度な植毛がされ、コンパクトでありながらも幅広いヘッド部分が特徴です。

歯の表面への接地面積が広いため、磨き残しなくブラッシングできると評判です。

毛先も2種類植え込まれ、歯の表面部分と隙間を同時に磨き上げられるので、短時間で歯磨きを完了することができます。

③ElecForU 電動歯ブラシ

【価格】¥4,999

最近シェアを広げている「電動歯ブラシ」の中で、Amazonや楽天などでトップクラスの人気を誇るのが
『ElecForU 電動歯ブラシ』です。

人気の理由は「性能の高さと値段の安さ」でといえるでしょう。

電動歯ブラシの方式の中でも、最もブラッシング効果が高いとされている「音波式」でこの値段は、”破格”ともいえます。

「クリーン(汚れ落とし)」「ホワイトニング(ステイン除去)」「ポリッシュ(光沢)」「ガムケア(歯ぐきマッサージ)」とモードが切り替えられ、これらを順に行うことで、ホワイトニングとオーラルケアがコンプリートできるのです。

まるで、歯科医でのクリーニング(PTC)後の歯の状態に近くなる、との口コミも多数寄せられています。

 

「歯ブラシ」はオーラルケアの基本であり要でもありますが、あまり注意深く選ばれないのが現実です。

歯の白さを取り戻すホワイトニングも歯ブラシの性能で結果が変わってきますし、黄ばみの付着を予防するためにも、普段の正しい歯磨きが欠かせません。

〈まとめ〉

  • 歯ブラシは「ペングリップで小刻み」にブラッシングするのが正しい使い方
  • 歯ブラシは「柔らかめ」で歯の表面を傷つけない毛先のものを選ぶ
  • 歯ブラシは「歯と歯の隙間」をしっかりと磨けるものを選ぶ
  • 『リーチ ホワイトニングコンパクト』はホワイトニングに適した毛先とパッドが付いている
  • 『エビス プラチナケア 歯ブラシ』はコンパクトでワイドなヘッドで短時間でブラッシングできる
  • 『ElecForU 電動歯ブラシ』は音波振動の人気の高い電動歯ブラシ
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ