『ホワイトニングペン』の使い方・効果・口コミ・メリットデメリットまとめ

ホワイトニングをするアイテムには、歯磨き粉やジェルだけではなく『ホワイトニングペン』と呼ばれるグッズもあります。

『ホワイトニングペン』は、1液と2液からなるキット構成で、通常の歯磨きでは落ちにくい色素汚れを除去します。

ここでは、『ホワイトニングペン』の特徴やメリット・デメリット、ネットで上げられている口コミなどをまとめています。

購入の際の判断材料として参考にしてください。

『ホワイトニングペン』の使い方と期待できる効果

『ホワイトニングペン』は、「亜塩素酸ナトリウム」という、漂白成分の効果によって歯を白くします。

一つのペンの両面に2つの液体がセットされていて、交互に塗布して化学反応によって効果を発揮します。

日本の法律では、歯科医でのオフィスホワイトニングに使われる薬剤「過酸化水素」の市販が禁止されていますが、ホワイトニングペンに含まれる亜塩素酸ナトリウムは、「漂白」というアプローチができるということで、かなりオフィスホワイトニングに近いケアができる商品だといえるでしょう。

1液と2液を交互に塗布し、その後通常の歯磨きで洗い落とすという、非常に手軽な使い方でホワイトニングが可能です。

『ホワイトニングペン』の口コミ

『ホワイトニングペン』は、通常の歯磨き粉とはまったく違う性質ですので、実際の購入者の感想が気になるところではないでしょうか?

以下に、高い評価と低い評価の両方の意見を載せておきますので、参考にしてみてください。

高い評価

  • 「期待したとおりのホワイトニング効果を得ることができた」
  • 「歯の隙間の黄ばみもきれいに白くなりました」

低い評価

  • 「慣れないせいか使い方が難しい」
  • 「手間がかかるし全然白くならなかった」

歯の美白効果を感じられた人は高評価にしているようでしたが、使い方に難しさを感じる人や、効果を感じられない人は低評価の口コミも見受けられました。

ホワイトニングペンに使われている成分は、日本の厚生労働省からお墨付きを頂いている安全性が確保された成分配合のため「副作用」などの心配はありませんが、その分効果には個人差があるようです。

また、『はははのは』などのホワイトニング歯みがき粉のように『毎日の歯磨き粉の代わりに使うだけ』といった手軽さがないのもマイナス評価の原因になっています。

『ホワイトニングペン』のメリットとデメリット

ホワイトニングペン最大のメリットは、なんといっても「歯の漂白」ができることです。

歯の消しゴムのような一時しのぎではなく、根本から白くできる可能性を秘めているのがメリットだといえるでしょう。

ただ、デメリットもあります。通常の歯磨きと平行して行う必要があるという「手間」がかかる点、効果の個人差が大きいという点をよく理解したうえで購入することをおすすめします。

『ホワイトニングペン』はこんな人におすすめ

現在国内で販売されている「歯の消しゴム」などは、歯の表面の汚れを削り落とすことによって”白さを取り戻す”といったものです。ですから、ある程度汚れが落ちてしまうと、白さは進行せず頭打ちになります。

毎日の歯磨きと並行して使う手間や、白さの程度には個人差があることを承知のうえで試したいというかたには『ホワイトニングペン』はおすすめできます。

もっと手軽に歯を白くしたい、という方にはやはりホワイトニング歯磨き粉をおすすめします。

>>【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

 

最近では芸能人やスポーツ選手などの影響で、人工的で輝くような白い歯を求める声が多く、もともと日本人が持っている自然な歯の白さでは満足できない人も多いようです。

『ホワイトニングペン』の効果には個人差があるとはいえ、”漂白系”のホワイトニングが可能な数少ないアイテムの一つだといえるでしょう。

〈まとめ〉

  • 『ホワイトニングペン』は歯を”漂白”することができる商品
  • 汚れ落とし以上の白さが得られることがメリット、使い方の手間や効果のムラといったデメリットがある
  • ステイン除去だけで満足できない人におすすめ
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ