使い方に注意!歯の消しゴム・スポンジの効果・使い方・副作用

最近ではドラッグストアなどでもホワイトニンググッズがたくさん並んでおり、20~30代の男女を中心に人気を集めています。

ホワイトニングの知識があまりない人が購入しがちなのが「歯の消しゴム」や「歯のスポンジ」といったホワイトニンググッズです。

これらのグッズの使用には注意が必要で、誤解したまま使い続けると歯の健康を損なう危険性もあるので注意が必要です。

ここでは、歯の消しゴムやスポンジの使い方や効果、副作用の問題や注意点などを解説しています。

歯の消しゴム・スポンジに期待できる効果とは?

歯のスポンジや消しゴムは「ホワイトニング」のカテゴリーに分類されているので、もちろん「歯を白くする」という目的で使われるグッズです。

現在、歯の美白効果が高く人気の高い商品は「ステインを浮かして落とす」とか、「エネメル質の再石灰化を促す」といった、少し難しい説明がされています。

それにくらべて、「物理的」に汚れを落としてくれそうな消しゴムやスポンジに目がいきがちなのかもしれません。

実際に歯の消しゴムやスポンジは、歯の表面に付着している「ステイン」という色素汚れを「削り取る」「拭き取る」という物理的な行為によって除去することができます。

それはまるで、汚れたテーブルを布巾で拭き取るようなものですので、ある程度の「確実性」があり、理解もしやすいでしょう。

歯の消しゴム・スポンジの注意点、副作用

歯の消しゴムやスポンジは、物理的にステイン汚れを削り取るだけですから、使い方はかんたんです。

しかし歯の性質を知らずに、「白くなるから」と使いすぎるのは非常に危険です。

歯の消しゴムやスポンジは、硬い研磨剤によって「エナメル質」まで削り取ってしまう恐れがあります。

使用後に顕微鏡で見てみると、エナメル質には小さな傷が無数に付いているを確認できるそうです。

これも再石灰化によってある程度は修復されますが、度を越して使い続けると再石灰化が追いつかずに、エナメル質はどんどん薄くなってしまうでしょう。

これが、歯の消しゴム・スポンジの「副作用」です。

現在では、効果の高い「ホワイトニング歯磨き粉」がたくさん開発されています。

それらは歯の白さだけではなく、エナメル質を強化し、歯の健康を増進する能力も高いので、まずはそちらを利用することをおすすめします。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

 

歯の消しゴム・スポンジ商品の説明書には「使用は週に1~2度」などと書かれていることが多いのですが、これが再石灰化によって傷を修復できる限界だと考えておきましょう。

再石灰化が追いつかないレベルまで使い続けると、歯の表面の小さなキズにステイン汚れが入り込み、以前にも増して歯が黄色くなるという状態になります。

歯の消しゴム・スポンジの正しい使い方

現在市販されている歯の消しゴムやスポンジは、研磨成分(粒子)を含んだパッドが付いたスティックで歯の表面を磨きます。

商品によっては、専用のクリームやジェルが付属されていて、それにも美白効果を高めるための研磨成分が含まれています。

歯の消しゴム・スポンジは、歯間まできれいにすることができないので、ふつうの歯磨きと併用しなくてはなりません。

ふつうの歯磨きは「虫歯予防」に、そして消しゴム・スポンジは「黄ばみ落とし」というふうに使い分けるのです。

歯の消しゴム・スポンジには、その性質によって使い方も少し違いますが、たいていは「歯磨き後に短時間」行うか、「食後の歯磨き後の数時間後」に使用します。



歯の消しゴム・スポンジをおすすめできる人、おすすめできない人

歯の消しゴムやスポンジは、ホワイトニング歯磨き粉などにくらべると価格も安く、長期間使用できるのがメリットです。

しかし、前項で書いたように「歯の健康」に対しては問題が多く、「おすすめできる人」「おすすめできない人」があります。

歯の消しゴム・スポンジがおすすめできる人は「一部分にだけ黄ばんでいる人」や「黄ばみが薄い人」です。

反対に、「歯全体に黄ばみがある」「黄ばみが濃い」人にはおすすめできません。

軽い黄ばみや一部分だけの色素汚れならば、短時間で取れてしまうので、エナメル質にもあまり負担がかかりません。

しかし、広範囲で濃い色が付いていると、どうしても使用時間が長くなってしまい、歯への負担も大きくなってしまうのです。

また「真っ白な歯にしたい」というう希望がある人も消しゴムやスポンジを勧められない人です。

歯の色素汚れは、非常に小さな色素が歯の成分にまで浸透しているので、それを粒子の大きな消しゴム・スポンジで除去することは不可能なのです。

そしてもちろん、「エナメル質が薄くて虫歯になりやすい人」、「すでに虫歯になっている人」の使用は厳禁です。

 

価格が安いためについ買ってしまいがちな「歯の消しゴム・スポンジ」ですが、使用には十分な注意が必要です。

歯の消しゴム・スポンジは、ホワイトニングケアの補助として使う程度にとどめておきましょう。

〈まとめ〉

  • 歯の消しゴム・スポンジは研磨成分によって物理的にステインを除去することができる
  • 歯の消しゴム・スポンジはパッドで歯の表面をこすって使う
  • 歯の消しゴム・スポンジにはエナメル質を傷つけてしまう可能性がある
  • 歯の消しゴム・スポンジは黄ばみが濃く広範囲に広がる人にはおすすめできない
  • 歯の消しゴム・スポンジはホワイトニング歯磨き粉の補助として使うことがおすすめ
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ