何歳から黄ばむ?歯の黄ばみを感じやすい年齢と予防策

歯は年齢を重ねるほど黄色く変色します。

最近では歯の美白意識も高まっていることから、歯の黄ばみが気になっている方は多いのではないでしょうか。

ここでは、「何歳から歯の黄ばみができやすいのか?」など、加齢と歯の黄ばみに焦点を当て、予防策なども含めて解説しました。

歯の黄ばみを感じやすい年齢とは

歯が黄ばみやすくなる年齢は、個人差も大きいのですが30代なかばから40代以後といわれています。

歯が黄ばむ原因には次のようなものがあります。

  • 歯の基本構成である「象牙質」そのものの変色
  • 歯の表面の「エナメル質が薄くなること」で黄色い象牙質が透ける
  • 食べ物などによるステイン汚れの蓄積
  • タバコ、お茶などによるヤニの蓄積

年齢を重ねると、体全体の細胞の代謝が低下するので、それにともなって歯の再石灰化が不十分になり黄ばんで見えるようになります。

また、歯の黄ばみに対して重要な要素として、「唾液の減少」があります。

唾液には、歯の再石灰化を促進させるハイドロキシアパタイトが含まれていたり、唾液の水分そのものに歯の洗浄能力があります。ところが加齢が進むと、ホルモン分泌(エストロゲン)が低下することで唾液が少なります。

すると再石灰化能力とステイン除去能力の両方が失われていくのです。唾液の減少こそが、加齢独特の黄ばみの要因だということですね。

加齢による歯の黄ばみの予防策3選

年齢を重ねても、歯磨き習慣を改善することで黄ばみの進行を抑えることは可能です。

以下に挙げる3つの予防策を実践し、白い歯を保つ工夫を始めましょう。

食後に歯磨きをする習慣をつける

歯の黄ばみの直接的な要因は「ステイン汚れ」です。

ですから、最も汚れの付きやすい瞬間である、食後には必ず歯磨きをすることを守りましょう。

これは、若い世代の人でも条件は同じです。歯の白さの基本は、あくまでも「食後の歯磨き」なのです。

黄ばみが気になるようであれば、使用する歯磨き粉は必ず『黄ばみ落とし専用の歯磨き粉』を用いるようにしましょう。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

ステイン汚れの原因を口にした際はうがいをする

食後の歯磨きが徹底できれば、次のステップにチャレンジしましょう。

食事以外でステイン汚れが付く瞬間のケアを付け加えるのです。食事以外で、ステイン汚れが歯に付着するのは、

  • 喫煙
  • 紅茶、お茶
  • 色付きのジュース
  • ワインなど色の濃いお酒

といった場合です。

とくに喫煙やお茶、紅茶などの嗜好品を口にする機会は、食事よりもはるかに多いはずです。これらのものを口にしたとき、その度に歯磨きをするのは大変ですから、せめて”うがい”をするように心がけましょう。

ちょっとしたことですが、実行するのとしないのとでは黄ばみの進行がかなり違ってきます。

歯の黄ばみの原因をつくらないために気をつけたい3つのこと

堅い歯ブラシで磨きすぎない

高齢になるほど、エナメル質の再石灰化が遅くなるので、歯の表面にできるだけダメージを与えないことが大切です。

エナメル質に付いた小さな傷にはステイン汚れが付きやすくなるので、堅い歯ブラシを使うのは危険が伴います。

できるだけ柔らかいものを使用し、歯磨き粉も研磨剤などが含まれていないものを選びましょう。

 

年齢を重ねることで歯はどうしても黄ばみがちになりますが、小さな工夫をし続けることで進行を遅らせることができます。

ご紹介した予防策に加えて、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉を取り入れることも検討してみましょう。

ホワイトニング歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉よりも、歯を丈夫にして白さを保つ効果ははるかに高いのです。

〈まとめ〉

  • 歯が黄ばみやすくなる年代は30代後半から40代になってから
  • 加齢で歯が黄ばむのは「代謝の低下」「唾液の減少」が原因
  • 食後の歯磨きが黄ばみ防止の基本
  • 食事以外のステイン汚れはうがいで対処する
  • エナメル質の傷予防するために柔らかい歯ブラシを使う
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ