安いホワイトニング歯磨き粉と高いホワイトニング歯磨き粉の違い

ドラッグストアや通販ではたくさんのホワイトニング歯磨き粉が売られていますが、1本200~300円で買えるものもあれば、数千円するものもあり、価格はバラバラです。

これらの歯磨き粉の違いは一体どのようなことなのでしょうか?

ここでは、安いホワイトニング歯磨き粉と高いホワイトニング歯磨き粉の違いを詳しく解説してみました。

ホワイトニング歯磨き粉の効果は値段と関係しているのか

1本数百円の歯磨き粉と、”ホワイトニング”という肩書のある数千円もするホワイトニング歯磨き粉では、大きな違いがあります。

それは「歯を白くする効果」です。

優秀なホワイトニング歯磨き粉を使った人は「数回使っただけで歯が白くなり始めた」という口コミが非常に多く、価格の違いがそのまま実感力にあらわれているように感じます。

また、強く磨き込まなくても数分放置するだけで効果が得られるようなものもあります。

例えば「はははのは」というホワイトニング歯磨き粉は、短期間で効果を実感する方が多い商品です。最新のホワイトニング成分が配合されており、安全かつ効果的に黄ばみ落としを可能にしてくれます。

『はははのは』を1か月使ってみて分かった効果と特徴

このホワイトニングの差は歴然だと言えるでしょう。

もともと歯磨き粉というのは「虫歯にならないため」のものです。ですから、成分にも殺菌剤や歯垢を落とす研磨剤などといったものが使われます。

ところがここ数年、日本人が歯の白さへの意識が高まったことから、あと付けで「ホワイトニング」「歯が白くなる」といった宣伝文を商品パッケージに表示するようになりました。

しかし、その効果は微々たるものだといえるでしょう。

もともと歯を白くすることを目的として開発されたホワイトニング歯磨き粉と比較をすると、その効果も期待できるレベルのものではないのです。

どんな薬剤でも同じことが言えますが、新成分の開発には莫大な研究費がかかります。その研究費が製品に付加されるので、新成分を使った薬は値段が高くなるのです。

これはホワイトニング歯磨きにも同じことが言えます。この研究レベルの差こそが、一般の安い歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の値段の差となるのです。

安いホワイトニング歯磨き粉と高いホワイトニング歯磨き粉の違い

では、ここで安い歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違いを、「効果」の面からもう少し詳しく比較してみましょう。

安い歯磨き粉は研磨剤で削るタイプが多い

安い歯磨き粉でも使用時間と回数を増やすことで、ある程度黄ばみを取ることはできますが、このとき”危険”が伴います。

安い歯磨き粉には、汚れの除去能力を高めるために「研磨剤」がたくさん配合されているからです。研磨剤は硬い粒子でできた性質であり、汚れを削って落とす能力もあるのですが、エナメル質を削って無数の傷を残してしまいます。

この危険な研磨剤を使い続けることで起きる症状が「知覚過敏」です。

歯の表面をコーティングして、歯の内部の象牙質と神経を守るのがエナメル質の性質ですから、ここが破壊されると神経が敏感になったり、虫歯になりやすくなったりもします。実際に歯科医を受診する患者さんの中にも「歯磨きのし過ぎ」が原因で、虫歯や知覚過敏の症状を引き起こしている人はかなりいるそうです。

ホワイトニング歯磨き粉には硬い研磨剤は含まれていませんので、何度使っても歯のエナメル質を傷つける心配はありません。

研磨剤なし【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

安い歯磨き粉は美白成分の配合量が少ない

歯を白くする成分には、莫大な研究費を使って開発されたものが多くあります。これらのホワイトニング成分は、原料費としてもかなり高額です。

もちろん安い歯磨き粉には、原料費をかけていませんから、ホワイトニング効果の高い成分が含まれていたとしても、ごく少量なのです。

ネットなどでホワイトニング効果のある成分を調べ、それが配合されている安い歯磨き粉を見つけて使ったとしても効果が薄いのはこういったことが理由です。

一般の人でも成分名くらいは覚えられますが、その成分で効果を得るために、どれだけの量が必要なのかまでは知ることができません。ごく少量だけ配合でも成分表示をすることは”違法”ではないので、注意しなくてはなりません。

少量だけ配合させた安物の”ホワイトニング”を謳った歯磨き粉を使い、「あの成分は効果がなかった」と考えるのは、じつに残念なことです。

安い歯磨き粉はホワイトニング以外の効果が低い

ここまでご説明したように、安い歯磨き粉には有効成分が少ないことがおわかりいただけたと思います。そして、これはホワイトニング成分に限ったことではありません。

歯と歯茎の病気や症状にはいくつかの要素があります。

「ステイン汚れ」はその中の一つですが、最近増えつつあり問題視されているものに「歯周病」があります。歯周病は歯周病菌という菌によって引き起こされる口腔疾患の一つであり、歯茎の健康を著しく低下させることで歯も健康でいられなくなる怖い症状です。

歯が植物の「木」に例えるなら、歯茎は「土」のような存在です。植物が健康に育つためには、それを支える土が健康でなければならないのは当然のことですね。

値段の高いホワイトニング歯磨き粉には、歯周病対策の成分も含まれているものもあります。

安い歯磨き粉には、こういった歯を白くする以外の有効成分が含まれていないので、生産コストを安く抑えれることができているというわけです。

歯の白さはもちろん、歯の健康のことまでも考えられているのが、高いホワイトニング歯磨き粉の大きな特徴だといえるでしょう。

【ドラッグストアで選ぶなら!】本当に効果のあるホワイトニング歯磨き粉3選

 

市販の安い歯磨き粉とパールホワイトのようなホワイトニング歯磨き粉では、オーラルケア製品としてのレベルが明らかに違うことを知っておきましょう。

使われている成分のコストや研究費が、商品の値段に反映されているのです。

〈まとめ〉

  • ホワイトニング効果は配合成分や値段と関係がある
  • 安い歯磨き粉は”研磨剤”によって歯を白くしている商品が多い
  • 安い歯磨き粉はホワイトニング成分の含有量が少ない
  • 安い歯磨き粉はホワイトニング以外の有効成分が少ない
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ