歯医者に行かずに『安全に歯を白くする方法』3選

歯を白くしたい人が急速に増えたことで、今では黄ばんだ歯でいることに後ろめたさや恥ずかしさを感じる人も多いようです。

しかし、審美歯科などで施術される「ホワイトニング」は、健康保険適用外で費用も高額です。

また、歯周病や虫歯などがあると施術できないことなども、歯科医でのホワイトニングのハードルを高めている理由のひとつといえるでしょう。

そこで、多くの方が「歯医者に行かなくても安全に歯を白くする方法はないか?」と試行錯誤されているようです。

今回は、そんな方のために、セルフケアによって低コストで安全に白い歯を手に入れる方法をまとめてみました。

歯医者に行かずに安全に歯を白くする方法3選

歯医者に行かずに現状よりも歯を白くする方法には、大きく分けて3つの方法があります。

「歯磨き粉を変える」「簡易的なホワイトニンググッズを使う」「歯科医と同じ方法を自宅でする」という3つです。

それぞれコストや効果、白さの持続力などに差がありますので、一つ一つ詳しく解説します。

①ホワイトニング歯磨き粉を使用する

自宅で歯を白くする方法の中でもっとも人気がありおすすめできるのがこの方法です。

ここ数年で、ドラッグストアや通販などで購入できるホワイトニング歯磨き粉は大きく進化しています。新成分の開発がさかんに行われており、効果の高いホワイトニング歯磨き粉が続々と登場しているのです。

歯科医で行う特殊な薬品を使った歯の漂白とは違い、ホワイトニング歯磨き粉は落ちにくいステイン汚れを除去することで歯の白さを取り戻すことが目的です。

安全性は抜群で、歯周病や虫歯の原因にも対処できる成分も同時に配合されるなど、トータル的なオーラルケア用品としても信頼されています。

こういったホワイトニング歯磨き粉を購入する際には、「ネット通販」が特におすすめです。

歯磨き粉に含まれている成分を総合的にみてもレベルが高く、『黄ばみ落とし』や『ホワイトニング』に対する高い効果が期待できるためです。

当サイトで実際に試したうえで厳選したホワイトニング歯磨き粉は以下の記事でくわしくご紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング



②ホワイトニングペンを使用する

もし、写真撮影やお見合い・結婚式、大事な人との会談などがあり早急に歯を白くしたいならば、簡易的なホワイトニンググッズがおすすめです。

ホワイトニンググッズの中でも「ホワイトニングペン」は、絵の具を塗る感覚で歯に塗布し、黄ばみを隠すためのグッズです。数日くらいしか白さは持続しませんが、早急に歯を白くしたい人にはうってつけのホワイトニンググッズだと言えるでしょう。人体に無害な色素を使用しているので、安全性の心配はありません。

また、ホワイトニング歯磨き粉や歯科医でのホワイトニング施術とは違い、「銀歯」を隠すこともできます。
価格も1本1000円から2000円ほどですから、バッグに入れて持ち歩き、気になったときに使用できるという利便性の高さで利用者が増えています。

デメリットを挙げるとするならば、使い方によってはムラになったり、時間が経つにつれ徐々に剥がれてくるという点です。もし使用を考える際は、こういった部分を考慮したうえで使用されることをおすすめします。

③ホワイトニングテープを使用する

歯のホワイトニングでは日本のはるか上を行く米国では、さまざまな歯を白くする製品が普及しています。歯科治療費がものすごく高い米国では、ホワイトニングもセルフケアが一般的なのです。

そんな米国で最も利用者が多いと言われているのが「ホワイトニングテープ」です。このホワイトニングテープは、歯科医で行うオフィスホワイトニングに使う薬剤とほぼ同等の成分を使い、歯を「漂白」します。

日本でホワイトニングテープに馴染みがないのは、日本の厚生労働省で認可されない成分であるためですが、輸入代行会社経由で購入することができ、もちろん違法でもありません。

ホワイトニングテープは自宅で使用することを前提として作られているので、歯科医で用いられるものよりも薬剤の濃度が低く副作用のリスクも軽度な場合が多いのです。

使用方法は非常にかんたんで、薬剤が染み込まれたテープを歯に貼り付けて時間を置くだけです。ステイン汚れを除去して白くするホワイトニング歯磨き粉とはまた違った効果を得ることができます。



こんなホワイトニング方法は危険!

ホワイトニングがブームになっているせいもあり、ネット上にはさまざまな情報が入り乱れています。

中には歯の健康を脅かすような、危険なホワイトニングの方法もあるので十分に注意しなくてはなりません。

最近良くネット上で見る方法には、

  • レモン汁を使ったホワイトニング
  • 重曹を使ったホワイトニング
  • ヤニ取り歯磨き

といったものが目立ちます。

たしかにレモン汁や重曹には歯を白くしたり、ステイン汚れを除去する作用はありますが、歯の健康を著しく低下させ、場合によっては取り返しのつかない結果を招く危険もあります。

「レモン汁」のホワイトニングは、歯のエナメル質を酸化させて「酸蝕症(さんしょくしょう)」という虫歯のような状態にしてしまうリスクがあります。

エナメル質は酸に触れると「脱灰」という化学反応が起こり硬い性質が柔らかくなってしまい、歯そのものを弱くしてしまいます。虫歯の原因にもなるので、絶対に行ってはいけないホワイトニングです。ただし、レモン汁を食事として食べる分には、歯への影響もそれほど深刻ではありません。

もう一つの危険なホワイトニングは「重曹」を使ったものです。

重曹は非常に粒子が固く、壁のペンキの落書きなどを落とすこともできるほど高い洗浄力があります。こういった硬い粒子で歯をこするわけですから、エナメル質は傷つき薄くなってしまいます。これもリスクの高いホワイトニングの方法だと言えるでしょう。

最後に、昔からある「ヤニ取り歯磨き」もまた避けるべきホワイトニング方法です。

かなり昔から販売されているものですが、説明書には必ず「連続使用を禁じる」といった注意書きがありますから、メーカーでも副作用は認知しています。

ヤニ取り歯磨き粉も、前述の重曹同様にエナメル質を傷つけてしまうリスクがあるのです。一時期研磨剤によって白くなったとしても、傷に食べ物の色素が付きやすくなり、結果的には逆効果となってしまうので使用は控えた方がよさそうです。

最近では、歯科医に行かず自宅で歯を白くしている人が増えています。

通販でも安全で効果の高いグッズがたくさん販売されているので、内容をよく知って利用してみましょう。

〈まとめ〉

  • 歯科医に行かず歯を白くするには「ホワイトニング歯磨き」が効果的
  • 歯科医に行かず歯を白くするには「ホワイトニングペン」が効果的
  • 歯科医に行かず歯を白くするには「ホワイトニングテープ」が効果的
  • 「レモン汁」「重曹」「ヤニ取り歯磨き粉」を使うホワイトニングは危険
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ