白くなった後の色戻りに注意!歯の白さをキープする方法とは

歯のホワイトニングをすると、見違えるほど白く輝く歯を手に入れることができます。

しかし、しばらくして鏡を見ると「アレ?歯が黄ばみ始めている?」と”色戻り”することも少なくありません。

せっかくお金と時間をかけて白さを手に入れたのですから、少しでも白さを持続したいものです。

ここでは、ホワイトニングの後の色戻りを防いで、歯の白さをキープする方法などをまとめてみました。

ホワイトニングの効果は永久ではない

歯科で行う「オフィスホワイトニング」や、自宅でする「ホームホワイトニング」は、その仕組みはほぼ同じです。歯の内部に薬剤を浸透させ「漂白」することで、自然環境では得られないほど、歯を白くすることができるのです。

しかし、この歯の白さは”永久”には続きません。術後のケアを怠るとすぐに黄ばんでくすんだ歯に逆戻りしてしまうのです。

このスピードは、通常の歯が黄ばんでいくスピードよりも、体感的には早く感じます。もとが真っ白なために、少しのステインの付着によってその輝きはすぐに失われてしまうのです。

色戻りを防いで歯の白さをキープする方法

ホワイトニングをしたあとに、歯が汚れて黄ばんでしまう状態を「色戻り」といいます。

色戻りを防いで少しでも長く白さをキープすることが、ホワイトニングにおいて、「最も大切なこと」なのかもしれません。

以下に歯の白さをキープする方法を3つご紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉を使う

ホワイトニング後のケアとして最も有効なのは「ホワイトニング歯磨き粉」を使うことです。

ホワイトニング歯磨き粉は、”ホワイトニング”という同じキーワードが使われていますが、実はその内容はまったく違うものです。

歯科で行う「オフィスホワイトニング」や、自宅で同様の薬剤を使う「ホームホワイトニング」は、過酸化水素や過酸化尿素といった漂白剤を用いて、歯の内部の成分そのものの色を白くします。

一方「ホワイトニング歯磨き粉」は、歯の表面に付着したステイン(色素)汚れを分解除去することで歯を白くするという方法です。

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングによって漂白された歯に付着する歯垢(バイオフィルム)を、日々の歯磨きで除去することで、より長く白い歯が維持できるのです。

食後には必ずホワイトニング歯磨き粉を使ってブラッシングするよう習慣づけましょう。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

着色しやすい飲食物を避ける

歯の色戻りのほとんどは「飲食物の色素」が原因となります。

「お茶」「ケチャップ、ソースなどの調味料」「タバコ」「果物の色素」や、色の濃いものを食べると、その中に含まれる色素が歯の表面に付いて”黄ばみ”になります。できれば、ホワイトニング直後はこういった着色しやすい飲食物を避けることも大切です。

着色しやすい飲食物の見分け方は簡単です。「色の濃いもの」にはたくさんの色素が含まれているので、「色の薄い食べ物」を選んで食べるようにしましょう。

また飲食物ではありませんが、タバコに含まれるタールも色戻りの原因になりますので注意が必要です。

【成分別】歯の黄ばみの原因になりやすい食べ物と飲み物

飲食後はうがいをする

ホワイトニングした後の歯の白さを維持するためには、歯磨きが基本になります。

しかし、仕事をされているなどの事情で、食後に歯磨きができない方もおられます。
そんな場合には、「うがい」で対処します。

水道の水で数十秒うがいをするだけでも、かなりの色素沈着防止になることが分かっています。水道もないような場合には、携帯しているペットボトルの水などで軽くうがいをし、そのまま飲み込むだけでも効果があります。

ただしこの場合にも、「合成着色料が入った清涼飲料水」などは、それ自体が色素になるので避けなければなりません。

この記事のまとめ

  • ホワイトニングの効果は永久ではなく「色戻り」をする
  • 色戻りを抑えるには「ホワイトニング歯磨き粉」が有効
  • 色戻りを抑えるには着色しやすい飲食物を避けるのが効果的
  • 色戻りを抑えるには「うがい」をすることが効果的
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ