クレスト3Dホワイトとオパールエッセンスはどっちが白くなる?より安全なのは?

歯の健康への意識が高いアメリカでは、「歯のホワイトニング」が一般層に普及しています。

そのアメリカ発のホワイトニンググッズ『オパールエッセンス』『クレスト3D』が、通販サイトで人気を集めています。

どちらも同系統の成分を薬剤として使用しますが、歯に浸透させる方法が物理的に違います。

セルフホワイトニングをするのには、どちらが効果が高くそして安全なのかが気になるところですね。

今回は、オパールエッセンスとクレスト3Dホワイトの詳細を比較してみました。

クレスト3Dホワイトの特徴と効果

まずは、「クレスト3Dホワイト」という商品について解説します。

クレスト3Dホワイトは簡易的に行われるホワイトニングの方法で、薬剤が塗り込まれたセロファン状のテープを歯に貼り付けるタイプのグッズです。

こういったタイプのホワイトニンググッズを「ホワイトニングテープ」とよびます。ホワイトニングテープは、「歯に貼り付けるだけ」という簡単さから、アメリカではかなりの人気があるようです。

最近では日本のスポーツ選手が海外試合のために渡米し、そこでホワイトニングテープを知って愛用していたことでも注目されました。

薬剤にはオパールエッセンスと同じ系統の、「過酸化水素」が使われていますが、薬剤を歯に浸透させる方法の違いから、ホワイトニング効果にも差が生まれます。

ホワイトニングの方法を、「漂白効果」で順位をつけると、

  1. 歯科でのオフィスホワイトニング
  2. セルフケアで行うホームホワイトニング
  3. ホワイトニングテープ

 

という順番になります。

薬剤を染み込ませたテープを歯に貼り付けるという、手間のかからなさは魅力で、コストも安く抑えられますがが効果でいうと最も下のランクに位置します。

オパールエッセンスの特徴と効果

オパールエッセンスは、歯科医を受診してマウスピースを作り、薬剤を持ち帰って自分で行う「ホームホワイトニング」とほぼ同等の効果が期待できます。

違いは、「歯科を受診するかどうか」だけです。

使われる薬剤も「過酸化尿素」という漂白剤ですので、化学的な反応の仕組みも同じなのです。

マウスピースを自分で型を取り、薬剤を注入して歯に装着、効果を上げるためのLEDも低価格で販売されているので、歯の漂白効果も抜群です。

コスト的にも歯科でのホームホワイトニングよりもかなり安く抑えられるので、こちらもアメリカでは人気の高い定番のホワイトニング方法です。

ただし、高い効果が期待できる反面、副作用や注意点もいくつかあります。もし使用を検討される場合は、デメリットの部分も知ったうえで購入されることをおすすめします。

自宅ホワイトニングではオパールエッセンスが最強?使い方・注意点・副作用

クレスト3Dホワイトとオパールエッセンス、どっちの評判が良い?

「歯の白さ」という、感覚的な目的で使われるグッズですので、口コミや評判の声をそのまま比較するのは難しいところがあります。

また、ホワイトニング効果が高いとしても、手間がかかることで、人によっては悪い評価につながることもあります。

ただし、「悪い評判」を比較すると、商品の性質がはっきりと浮き出てきます。

クレスト3Dホワイトと、オパールエッセンスの悪い評判で共通するものは、

  • 使用時の痛み
  • 知覚過敏になった

というものです。

知覚過敏に関しては、歯科で行うオフィスホワイトにもつきもので、これは薬剤の濃度の調整などでカバーすることができます。

そして気になる悪い評判に「白さにムラができる」というものがあります。この評判を見るのは、クレスト3Dホワイトのほうだけです。

これは”テープを貼る”という方法自体に物理的な問題があるようです。

マウスピースを作り、歯を薬剤にどっぷりとつけるオパールエッセンスでは起こらないことであり、これがホワイトニングテープの最大の弱点なのかもしれません。

アメリカ人は、日本人(東洋人)よりももともとの歯の色が白いため、ムラが出てもあまり気にならないのかもしれませんが、日本人は黄色い歯を持つ民族ですので、どうしてもコントラストが強く現れて目立ってしまうのです。

また、テープの形状自体が自分の歯の形に合わない・・・という悪い評判があるのも、クレスト3Dホワイトの方だけです。

より安全なのはどっち?

クレスト3Dホワイトとオパールエッセンスは、同じ種類の薬剤を使いますので、そういった意味での安全性は同等だといえます。

どちらも濃度を間違えてしまうと痛みを感じたり、知覚過敏になるのは同じように起こる副作用です。

ただし、オパールエッセンスは”歯科医”が行う方法・手順とほぼ同じ行程で行います。

専門家があらゆる危険性と効果を考慮した上で、その方法論にたどり着いているわけですから、それと同じ方法を採用しているオパールエッセンスは、ある程度の副作用も覚悟するしかないのかもしれません。

より安全で手軽にホワイトニングを行いたい方は、ホワイトニング歯磨き粉を試してみることをおすすめします。ひと昔前と比べ、白さの実感度は大きく向上しています。痛みなどの副作用が現れる可能性も極めて少なく、価格も非常にお手頃ですので、まだ試したことのない方は一度試してみる価値があるでしょう。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

この記事のまとめ

  • クレスト3Dホワイトは”テープ”を用いる簡易的ホワイトニング
  • オパールエッセンスは歯科医のホームホワイトニングと同じホワイトニング方法
  • クレスト3Dホワイトには「ムラができる」という悪い評判がある
  • クレスト3Dホワイトは歯の形状に適合しないことがある
  • オパールエッセンスは専門的なホワイトニングと同じ方法なので安全性も確保されている
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ