自宅で歯を白くする方法と手順、費用まとめ

最近ではホワイトニンググッズや歯磨き粉がたくさん販売されており、歯科医の手を借りずに自身で歯を白くすることが可能です。

自宅でホワイトニングをする場合、「求めるレベル」によって使う道具や方法が変わってきます。

このページでは、求める白さのレベル別に、自宅で歯を白くする方法や手順、費用などをまとめてみました。

どこまでの白さを求めるのか?

一口に「白い歯」といっても、人それぞれ理想の白さは違ってくるでしょう。

ホワイトニングのレベルとして、大きく以下の3つに分けられます。

  • 芸能人のような輝く白い歯
  • 自然で健康的な白い歯
  • 一時的に手に入れる白い歯

最近のテレビに出ている芸能人を見ると、日本人本来の歯の色ではないような、真っ白な歯をしていることに気づきます。

ああいった極端な白い歯は自然のものではなく、審美歯科によって「漂白」された色です。「過酸化水素」の化学反応によって歯を白くする技術が米国で発明され、日本でも広く普及しはじめ、芸能人たちが利用しているのです。

こういった審美歯科でのホワイトニングを「オフィスホワイトニング」といいます。

自宅で健康的に”自然な白さ”がほしい人は、過酸化水素を使ったオフィスホワイトニングではなく、通販やドラッグストアなどで売られている「ホワイトニング歯磨き粉」などを使います。

最近では高機能なホワイトニング歯磨き粉がたくさん開発され、歯の健康を損なうことなく白さを実現できるようになっています。

当サイトのおすすめは➡【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

また、結婚式やお見合い、大切な写真撮影などをする際に「一時的に歯を白くしたい」という方は、低コストでスピーディーに歯を白くするためのグッズが使われることが多いようです。

芸能人並みの真っ白な歯を手に入れたい方におすすめの方法

芸能人並みに歯を白くしたい人は、歯科で施術されるオフィスホワイトニングが最適です。

歯科でのホワイトニングの特徴、手順、費用

歯科でのホワイトニングは、保険適用外になり、施術する医院によっても違います。

相場は以下のようになります。

  • 一般歯科でのホワイトニング・・・1万円~5万円以上(1回)
  • ホワイトニング専門歯科でのホワイトニング・・・5千円~5万円(1回)

施術前の歯の白さによって「施術回数」が違い、通常ならば2回~4回くらいの通院が必要ですから、安くても5~6万円は必要になります。

ただし、これは「歯が完全に健康」であった場合の料金です。

虫歯や歯周病などがあると、オフィスホワイトニングは施術できませんので、まず歯を完全に健康にしてからの施術になり、治療費やクリーニング費が別途加算されます。

ごく自然な白い歯を手に入れたい方におすすめの方法

歯の健康を保ちながら自然な歯の白さがほしい人は、通販などで売られている「ホワイトニング歯磨き粉」を使うと良いでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面を傷つけることなく汚れを落とし、虫歯予防などもできる成分が配合されています。

オフィスホワイトニングなどの専門ホワイトニングとは別に、ホワイトニング歯磨きの世界も各メーカー、歯科医療研究者などによって目覚ましく進歩しています。

これらは現在「ホワイトニング歯磨き粉」と分類されていますが、「歯の健康を守る」ということでは”高機能歯磨き粉”として定番化されていくはずです。

ホワイトニング歯磨き粉は「歯が健康と白さの両方が得られる」という性質の優れものだと言えるでしょう。

現在の歯を白くすることで有効とされている新成分には次のようなものがります。

  • メタリン酸ナトリウム
  • ポリリン酸ナトリウム
  • リンゴ酸
  • ポリエチルグリコール
  • ハイドロキシアパタイト

これらの成分を含んだホワイトニング歯磨き粉やジェルは、数百円から数千円で購入できます。一本購入すると1ヶ月はもつので、かなり低コストだといえます。

ホワイトニング歯磨き粉ならば一般的な歯磨き粉とほぼ同様の使い方をし、ジェルタイプならば、歯磨き後に塗布することになります。

ちなみに、私がもっとも早く白さを実感できたのは、『パールホワイト』という商品です。実際に試した感想などは以下の記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。

パールホワイトを1か月使ってみて感じた効果と特徴を解説

一時的な白さを手に入れたい方

結婚式や成人式、お見合い写真の撮影などで「今だけ歯を白くしたい」という方もおられるはずです。

そういった方に最適なのが「歯のマニキュア」「ホワイトニングペン」です。

歯のマニキュア(特徴、手順、費用)

「歯のマニキュア」には、歯科医で行うものと、通販などで売られているものを利用する方法があります。

通常、一時的に歯を白くしたい方は「低価格で」という条件がある方は多いのではないでしょうか。ですから、歯科医で行う「歯1本で千円」もするマニキュア施術をするのは少し矛盾があるかもしれません。

一時的に白い歯を手に入れるならば、通販で売られている「2千円」ほどのもので十分です。
方法はかんたんで、付属のブラシを使って”ただ歯に塗るだけ”です。

マニキュアは通常の歯磨きで徐々に落ちていきますから、アフターケアも必要としません。
また、過去に虫歯治療して銀歯になった部分が気になる方もおられますが、歯のマニキュアならばそれも隠すことができます。

ホワイトニングペン(特徴、手順、費用)

ホワイトニングペンは、「歯のマニキュア」と同じような成分を含んだペンタイプのものです。

カバンに携帯しておけばいつでも取り出して使用することができ、とくに女性に人気があります。金額はマニキュアと同じ千円から2千円くらいです。



この記事のまとめ

今や「白い歯」は一般常識といえるほど、多くの人がホワイトニングに興味をもち始めています。

白い歯は顔の印象すらガラリと変えてしまうほどの影響力がありますから、とくに女性は意識する方が多いでしょう。

現在ではさまざまなホワイトニングの方法があるので、「自分の求める白さのレベル」に合わせて方法を選びましょう。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ