最も即効性のある歯の黄ばみの落とし方とは?安全な方法を厳選してご紹介します

歯の黄ばみを落として白い歯を手に入れるには、いくつかのやり方があります。
それぞれの落とし方にメリットとデメリットがありますので、どれが一番よい方法なのかは人によって変わってくるでしょう。

中にはホワイトニング効果が高くても長い時間を必要とするものもあり、「早急に黄ばみを何とか落としたい」という人ならばこういった方法は不向きだと言えます。

今回は、短時間で素早く歯の黄ばみを目立たなくするような、即効性のある方法に絞って紹介いたします。

歯のマニキュア

  • メリット:塗るだけで簡単に白くすることができる。
  • デメリット:白くなりすぎたりムラになる可能性がある。食事などで落ちやすい。
  • 価格:2000円前後

おそらくもっとも早く歯の黄ばみを目立たなくする方法です。

ただ、歯のマニキュアは黄ばみの原因であるステインなどを”落とす”のではなく、塗料を上から塗るように包み隠してしまう方法であることは覚えておきましょう。また、塗り方によっては不自然な白さになってしまったり、ムラができてしまうこともあるようですので、日常的に使用するのは少し難しい気がします。

写真を撮影したり、結婚式や婚活などで早急に歯の黄ばみをなんとかしたいときの応急処置的な方法として使う方が多いようです。

ホワイトニング歯磨き粉

  • メリット:自宅で簡単に使用することができ、自然な白さを取り戻すことができる。
  • デメリット:商品によって効果が違う。
  • 価格:1000円~5000円ほど。

ここ数年のホワイトニング歯磨き粉の進歩には眼を見張るものがあります。

昔には使われていなかったような新しい薬剤の配合により、軽いステイン汚れなどは瞬時に落としてしまうような高機能な歯磨き粉が多く販売されています。

  • ハイドロキシアパタイト
  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリエチレングリコール
  • メタリン酸ナトリウム

これらの新しい成分が配合されているホワイトニング歯磨き粉ならば即効性も期待でき、短い期間で黄ばみを落とすことが可能になります。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉については以下の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければご覧ください。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

歯石除去

  • メリット:細かい隙間の黄ばみや黒ずみを落とすことができる。
  • デメリット:強く削るとエナメル質に傷がつく恐れがある。どれだけ削って良いか判断が難しい。
  • 価格:1000円前後

歯石もまた黄ばみの大きな原因となります。

歯石は歯垢が固まったもので、黄色や黒色をして非常に目立つ存在です。

歯垢は軽いものならば薬剤の使用でも浮かせることもできますが、歯科医ではピックやマシンをつかって物理的に除去するのが一般的です。

これは鏡と専用ピックを使って自分である程度行うこともでき、専用キットなども販売されています。

とくに歯と歯茎付近の黄ばみ落としに有効な方法です。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティースクリーニング)

  • メリット:歯垢や着色汚れを安全に落としてもらえる。
  • デメリット:歯医者で行う必要がある。
  • 価格:歯科によって費用が変わる(保険内で3000円前後、保険外なら5000~20000円)

歯の健康のために行う歯科医で行うクリーニング方法です。

先述の「歯石除去」もこの中に含まれ、歯全体についた歯石やステインを特殊なマシンによって洗浄する方法です。

黄ばみを全て落として、本来の自分の歯の白さを取り戻すことができます。


アミノ酸エアフロー

  • メリット:痛みもなく、細かい部分までホワイトニングが可能
  • デメリット:歯医者で行う必要がある。
  • 価格:歯科によって費用が変わる(3000円~5000円ほど)

アミノ酸の小さな粒子をエアガンのようなマシンで吹き付けるようにして、ステインなどの黄ばみの成分を除去します。

以前までは「重曹」を薬剤に使用していましたが、粒子が荒くエナメル質を傷つけてしまうために現在ではアミノ酸を使う方法が主流となっています。

リナメルトリートメント

  • メリット:手軽に行えて、歯がツルツルになる
  • デメリット:ある程度使い続けないといけない
  • 価格:3000円前後

ここまで紹介した「歯の汚れを落とす」という考え方とはまったく違う方法が「リナメルトリートメント」です。

歯は普段の歯磨きや飲食によって、エナメル質にたくさん傷が付いてデコボコとした状態となっています。

この小さな傷を修復してなめらかにするのがリナメルトリートメントです。回数を重ねるごとにツルツルになります。

使用する歯磨きは『アパガードリナメル』といわれるもので、ドラッグ・ストアや通販などでも手に入れることができます。

これと似た方法に「フッ素」による再石灰化がありますが、即効性という面ではリナメルトリートメントに軍配があがるでしょう。


【まとめ】

いかがでしたか?

即効性のある歯の黄ばみの落とし方にも、実に多くの方法があります。

以前までの「ヤニ取り歯磨き」のような荒い粒子を用いた歯磨きなどは現在ではあまり好まれません。

こういった方法では歯の黄ばみを落とす代わりにエナメル質に大きな損傷を与えることがわかっているからです。

歯の黄ばみを落とすときには、歯にダメージを与えず健康的な方法を選択することを心がけましょう。

  • 最近のホワイトニング歯磨きには黄ばみを瞬時に落としてくれるような高機能のものがある。
  • どうしても急いで黄ばみを落としたいときには「歯のマニキュア」を使う。
  • 歯石を取ることで黄ばみを改善することができる。
  • 歯科医で行うPMTCは虫歯予防とホワイトニングの効果がある。
  • アミノ酸エアフローはエナメル質を傷つけずにステインを瞬時に落とす方法。
  • リナメルトリートメントは歯のデコボコを取り白くする。
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ