歯の黄ばみは虫歯や加齢によっても起こる│黄ばみの仕組みと改善方法

「最近歯が黄色くなってきた」「鏡をみると黄ばみが気になるようになった」

こういった悩みをもつ方は多いと思います。

結論からいうと、歯の黄ばみは虫歯や加齢によっても起こります。もちろん、口にする食べ物や飲み物によっても黄ばみが発生することもありますが、虫歯や加齢も歯の黄ばみに大きく関わっているということはあまり知られていないようです。

私自信、歳をとるにつれて歯の黄ばみがどんどんひどくなっていくのを経験し、「どうすれば手っ取り早く落とせるのか?」ということを常日頃から思っていました。

「クエン酸で黄ばみが落ちる!」と聞けば実際に買って試してみたり、市販のホワイトニング歯磨き粉を使ってみたりと、多くの対処法を試してみましたが、結局満足のいく効果は得られませんでした。

ここでは、そういった経験も踏まえつつ、虫歯や加齢によって徐々に歯が黄ばんでいく仕組みや改善方法などをまとめてみました。

虫歯や加齢によって歯が黄ばむ仕組みとは

「虫歯」による黄ばみの仕組み

歯が黄ばんでしまう原因に、「虫歯」があります。

虫歯は痛みを発したり、穴が空いてしまうような虫歯だけでなく、歯の表面のエナメル質が溶かされてしまう虫歯もあります。

これは酸蝕歯(さんしょくし)と呼ばれる虫歯の一種で、糖質やでんぷん質が歯に付着し、時間が経つにつれて酸化したものをいいます。

酸蝕歯になると歯の透明度が失われてざらつくようになります。そこにステイン汚れなどが付着しやすくなり、黄ばみの原因となります。

加齢による黄ばみの仕組み

歳をとるにつれて歯の黄ばみは悪化していきます。

エナメル質の下には「象牙質」といわれる歯の本体があるのですが、これは民族によって本来の色が違い、私たち日本人の象牙質はもともと少し黄色いのが健康な状態と言われています。

加齢によって歯の表面のエナメル質が薄くなると、その下の象牙質の黄色い部分が透けて見えるようになります。

これが加齢による黄ばみの仕組みです。

黄ばみの悪化を防ぐ予防策

黄ばみを落として歯を白くする方法は後ほどお伝えするとして、まず現在の黄ばみをこれ以上悪化させないようにする予防策を書いてみます。

歯の黄ばみを防ぐ基本はやはり「ブラッシング」になります。

ただし、研磨剤が配合された歯磨き粉で強く磨くと、エナメル質が削れて黄ばみの元になるステインが付着しやすくなったり、象牙質が透けて黄色く見える原因になりますのでご注意ください。

年齢を重ねても黄ばみを悪化させず白い歯を維持し続けるには、以下のことに注意してみてください。

  • 研磨剤の配合されていないホワイトニング歯磨き剤を使用する
  • 歯の表面を保護する成分の入った歯磨き剤を使用する
  • タバコやコーヒーなどの嗜好品をとった後には歯磨きかうがいをする
  • 食事の後30分以降に歯磨きをする

先程も述べたように研磨剤入りの歯磨き粉は黄ばみを悪化させる危険性があります。

市販で売られている安い歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いので、あまりおすすめできません。

最近では歯磨きや食事によってついた細かい傷を修復してくれる歯磨き粉も出ていますので、毎日の歯磨きにはそういった歯磨き粉を使うようにしましょう。

たとえば、『オーラパール』という歯磨き粉は歯の黄ばみを効果的に予防できるあって人気を集めています。オーラパールにはハイドロキシアパタイトという成分が含まれており、歯の細かい傷を修復し、白く輝かせる美白効果が期待できます。

黄ばみを落とし、歯を白くする歯磨き粉~オーラパール~

 

食事の後はエナメル質が「脱灰」という働きをして非常に傷つきやすくなっているので、食事から30分以上経過した後にブラッシングするようにしましょう。

黄ばみを除去して白い歯を取り戻す方法

すでについてしまった黄ばみを除去し、白い歯を取り戻す方法には、歯科医・審美歯科での「ホワイトニング」があります。

ただ、ホワイトニングは1回数万円という費用がかかり、十分な白さを手に入れるには複数回通う必要があります。

最近では、高機能のホワイトニング歯磨き剤もたくさん開発されていますので、手始めにそういった製品を用いて黄ばみを除去することをおすすめします。

一度黄ばんだ歯に白さを取り戻すには、以下のような成分を含んだ歯磨き剤が効果的です。

  • 歯のエナメル質そのものを白くする成分(ビタミンCなど)
  • ステイン除去成分(汚れを浮かして除去する成分)
  • エナメル質を保護する成分(ステインの再付着を防ぐもの)
  • 虫歯菌を寄せ付けないための成分

これらを高濃度で含んだ歯磨き剤に『ちゅらトゥースホワイトニング』という商品があります。

私自信、多くのホワイトニング歯磨き剤を試しましたが、一番黄ばみが落ちたのは『ちゅらトゥースホワイトニング』でした。

もちろん研磨剤は使われていませんし、化学反応の力でやさしく汚れを落としてくれる優れものです。

もし興味のある方は以下の記事も読んでみてください。

【写真つき】黄ばみ落としに効果的な歯磨き剤『ちゅらトゥースホワイトニング』を使った感想や口コミ

おわりに

虫歯や加齢による歯の黄ばみは、多くの人が悩まされることだと思います。

しかし、正しい予防や対策をすることによって、黄ばみを防ぎ、白い歯を維持することが可能になります。

最近では先ほどご紹介したような高機能のホワイトニング歯磨き剤も売られていますので、比較的かんたんに白い歯をキープすることができるようになっています。

まだ試したことのない方はぜひ検討してみてください。

この記事のまとめ

  • 歯が黄ばむ原因は「虫歯」や「加齢」によるエナメル質の変化
  • 歯が黄ばむのを防ぐにはブラッシングと日常の飲食を工夫する
  • 黄ばみを除去するには研磨剤を使わずステインを除去する歯磨き剤を使う
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ