歯の黄ばみの原因をつくらない3つの予防策

最近は、健康的な白い歯を目指す方がとても増えているようです。

その背景には、「黄色い歯をしていると恥ずかしい思いをする」「歯を白くして印象を変えたい」と思う方が増えてきているという事実があります。

しかし、最近流行している食品の中には歯の黄ばみを悪化させてしまうものがたくさんありますし、毎日の歯磨きにつかう歯磨き剤によっても歯の黄ばみ具体は変わってきます。

参考:【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

このように歯の黄ばみの原因はたくさんあるのですが、ここではその中でも特に気をつけたいことを具体的に3つご紹介します。

食事や飲み物に気をつける

歯は内側から劣化して黄ばむこともありますが、ほとんどの場合は食べ物や飲み物の色が付着することが原因になるそうです。

参考:【成分別】歯の黄ばみの原因になりやすい食べ物と飲み物

たとえば、黄ばみの原因となる飲食物には以下のようなものがあります。

  • コーヒーや紅茶・お茶などのタンニンが含まれる飲み物
  • ケチャップやソース・醤油などの調味料
  • チョコレート
  • 菓子類に含まれる着色料
  • コーラなどの清涼飲料水
  • いちご・ブドウ・カキなどのフルーツ
  • にんにくやネギ類
  • ワイン
  • タバコのタール

黄ばみの原因になる食品はこれほど多くの種類がありますが、これらすべてを生活から排除することは難しいですよね。

そのため、食事の後の歯磨きを習慣化したり、できない場合にはうがいで対処するなどの工夫が大切になってきます。

使用する歯磨き粉に気をつける―研磨剤入りはダメ―

「毎日使っている歯磨き粉が歯の黄ばみの原因になる」というと驚かれる方が多いと思いますが、じつは可能性としては非常に高いものだったりします。

なぜ歯磨き粉が黄ばみの原因になるかというと、低価格の歯磨き剤に含まれる「研磨剤」が歯を傷つける可能性があるためです。

固く大きな粒子の研磨剤は、食事の食べカスなどの汚れを洗浄する効果は高いのですが、歯の表面を保護するエナメル質に多くの傷をつけてしまうことがあります。

するとエナメル質の表面はザラザラとした状態になり、この部分にステイン汚れが強力に付着し、頑固な黄ばみとなってしまいます。

そのため、よく市販で売っている安い歯磨き粉を使っている方は要注意です。「最近歯が黄色くなってきた気がする」という方は、今使っている歯磨き粉に粒子の荒い研磨剤が含まれている可能性があります。

もちろん研磨剤が入っていない歯磨き粉はありますし、黄ばみ落とし(ホワイトニング)成分と虫歯・歯周病予防成分の両方が含まれている優れた歯磨き粉もあります。

当サイトでもイチオシしている「オーラパール」という歯磨き粉はその典型と言えます。

参考:研磨剤なしで黄ばみと虫歯に効く『オーラパール』

こういった歯磨き粉を使ってブラッシングをする習慣をもつことで、黄ばみにくい歯をつくることができます。

 

もし既に黄ばみがこびりついてしまっている場合は、 ホワイトニング専用の歯磨き剤を使うことで落とすことができます。

少し値段が高いですが、黄ばみ落とし成分や保護成分・虫歯を防ぐ成分などが豊富に含まれていますので、歯のトータルケアが1本で完了させることが可能です。

わたし自身、タバコやコーヒーによってついた黄ばみに悩まされていましたが、しっかり落とすことができ、憧れだった歯の白さを手に入れることができました。

使ったのは「ちゅらトゥースホワイトニング」という歯磨き剤です。使用して起きた変化などは以下の記事にくわしくまとめていますのでよろしければ参考にしてみてください。

参考:【写真つき】黄ばみ落としに効果的な歯磨き剤『ちゅらトゥースホワイトニング』を使った感想や口コミ

歯の磨き方やタイミングに気をつける

「歯の磨き方やタイミング」によっても、歯の黄ばみ具合は変わってきます。

これはホワイトニング専用歯磨き剤を使うときも同様のことがいえます。

歯には歯を蘇らせる「再石灰化」という機能があります。

食事をとった直後には「脱灰作用」という、エナメル質が柔らかくなる状態になります。そして次のタイミングで「再石灰化」が行われ、栄養を補給をしながら再び硬化していきます。

食後すぐの状態が歯はもっともデリケートで壊れやすい状態ですので、この時間帯にブラッシングすることは避けなければなりません。

個人差はありますが、だいたい30分から1時間後には再石灰化が完了しますので、このタイミングを見計らってブラッシングをはじめましょう。

また、歯ブラシを水につけてから歯磨き剤を乗せて磨く人がいますが、これもあまり良くありません。

薬剤が水で薄まってしまうので、本来の効果が発揮されません。ブラシが乾いた状態で歯磨き剤を乗せるようにしましょう。

歯の磨き方の注意点としてはこの2つを守れば大丈夫です。

おわりに

「毎日ちゃんと磨いているのに歯が黄ばむ」といった話をよく聞きますが、実は間違った歯磨き剤を用いてしまっているのかもしれません。

今回ご紹介した方法は最新の研究によって解明されているものですので、ぜひこれを機会に歯磨き習慣を見直してみてください。

【この記事のまとめ】

  • 歯の黄ばみをつくらないためには食事によるステインの付着に気をつける
  • 歯磨き剤をホワイトニング専用に代えることが黄ばみ防止の基本になる
  • 間違った歯磨きの常識を変えることが大切
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ