歯科でのホワイトニングほどお金をかけずに歯の黄ばみをとるには?

支払い

歯医者で行う”ホワイトニング”は、信じられないほど真っ白な歯になりますが、どうしてもコストが高くなるため手を出せないという方も多いでしょう。

そんなときは、漂白することによるホワイトニングではなく、『歯に付いた汚れを落として白くする方法』をおすすめします。

この方法でもかなり歯は白くなりますし、歯医者で行うホワイトニングに比べるとお金もあまりかかりません。また、不自然なほど真っ白にならずに、ナチュラルな白さを手に入れることができるためおすすめです。

以下に、低価格でできる『黄ばみ落とし&ホワイトニング』についてまとめてみますのでぜひ参考にしてみてください。

ホワイトニング専用歯磨き粉を使う

現在では歯科科学研究から開発された、新しい成分が配合されたホワイトニング歯磨き粉がたくさん売られています。

歯科による本格的なホワイトニングをしなくても、ステインが多く歯に付着している人ならば、これでもかなりの美白が可能です。

価格は歯磨き粉によって異なりますが、2000円~6,000円くらいと、歯科でのホワイトニングと比べるとかなり安く黄ばみを落とすことができます(歯科でのホワイトニング費用=1万~3万を複数回)。

当サイトでは、10種類以上のホワイトニング歯磨き粉を徹底的に調査してランキングにまとめていますので、ホワイトニング歯磨き粉の購入を検討される方は以下の記事を参考にしてみてください。

【最新版】ホワイトニング歯磨き粉ランキング

歯の消しゴムで黄ばみを落とす

歯の消しゴム

「歯の消しゴム」というものがあります。

特殊な研磨素材のついたペンタイプが多く、そのまま歯を擦るか、専用のジェルなどを付けて磨き上げます。物理的にステインを削り落とすので効果はてきめんです。

ただし、多少はエナメル質に傷をつけることになるので、知覚過敏などの副作用が起こる可能性があります。そのため、毎日の使用はおすすめしません。

最近ではペンタイプだけでなく、スポンジ状のものもあり多く普及しています。値段は数百円からありますが、あまり粒子の粗いものを選ばないように注意をしましょう。

ホワイトニング美容液

歯の美容液3

近年のホワイトニング歯磨きに含まれる汚れを浮かせて落とすような成分や、歯を白くする成分を濃縮させたのがホワイトニング美容液です。

メリットとしては、研磨剤が含まれていないところで、歯の表面を傷つける心配がありません。

ジェル、リキッドタイプが主流で、うがいやブラッシングで使用します。

こちらもそれほど値段は高くなく、1,000円くらいからありますので手軽に購入することができるでしょう。

植物系ホワイトニングリキッド

リキッドジェル

リキッド・ジェルタイプのホワイトニング美容液の中でも、「植物系」を原料としたものがあります。

『パパイン』などが有名ですが、ここ数年さまざまな漂白成分のある植物を原料とした商品も発売されています。

化学物質を使うことに抵抗のある人などは、こちらを選択するでいいでしょう。

現時点で人気を集めているのは、「プレミアムブラントゥース」という商品です。歯の健康意識の高い先進国5カ国で「売上NO.1」を記録している大ヒット商品です。実際に使ったレビューは以下の記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。

プレミアムブラントゥースを1か月使ってみて感じた効果と特徴

植物性のホワイトニング剤は、とにかく安全性が高く、白さを実感する方が多いホワイトニング成分です。

フッ素ジェル

フッ素ジェル

「フッ素」とは「歯の再石灰化」を促す成分として有名ですね。

歯は食事をした時に「脱灰」という細胞が不安定な柔らかい状態になり、その後に再石灰化して復活します。この再石灰化を活性化させるために「フッ素」が効果的なのです。

”黄ばみを落とす”ということに直接つながりませんが、フッ素を使い続けていると歯のエナメル質が強くなってツルツルとし、ステイン汚れが付着しにくい歯に生まれ変わっていきます。

歯の健康に非常に役立つため、歯磨き粉などに多く使われていますが、濃度の高いフッ素のみのジェルも売られています。

500円くらいからありますので、通常の歯磨きと併用して使うとよいでしょう。

ホワイトニングペン

ホワイトニングペン

ホワイトニングペンは、筆やペンタイプで人体に害のない白い成分を歯に塗りつけるタイプの製品です。

大事なデートの前や結婚式などのイベント前にひと塗りして臨時的に歯を白くしたい人に愛用されています。

デメリットとしては、ムラになりやすかったり、時間とともにランダムにはがれてくるところです。

また、ステインを落としたりすることはできません。効果も数日とごく短期的なものだということは覚えておきましょう。

 

最後に・・・

「歯の黄ばみを取る」と聞いて「なんだ、汚れを落とせばいいだけじゃないか!」と安易に考えるのは危険です。

ネット上では”安く歯を白くする方法”などと裏技などが公開されていますが、どれも歯科科学的に良いものではないものばかりです。

研磨効果の高い食品などで歯の表面をゴシゴシと磨いて落としている方もおられるようですが、一時的白くなることがあったとしても、歯のエナメル質に多大なダメージを与えてしまいます。

逆に歯が黄ばんでしまったり歯が弱くなる可能性が高いので、頻繁に行うことは避けましょう。

【この記事のまとめ】

  • ホワイトニング歯磨きは歯の黄ばみを落とす新成分がたくさん開発されている
  • 歯の消しゴムは物理的に黄ばみを落とすことができるが副作用もある
  • ホワイトニング美容液は研磨剤のないリキッド状のステイン除去成分
  • 古くから親しまれていた『パパイン』などの植物系ホワイトニング液もある
  • フッ素ジェルでエナメル質にステインが付きにくくして歯を白くする
  • 臨時で歯を白くしたいならばホワイトニングペンも有効
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ