『シロティ&ビーポリシュ』の特徴やメリットデメリット、注意点など

このページでは、ホワイトニングの入門用ともいえる「シロティー&ビーポリッシュ」の特徴やメリット・デメリットなどをまとめています。

購入前の参考にしてみてください。

シロティー&ビーポリッシュの特徴

シロティ&ビーポリッシュ

シロティー&ビーポリッシュは、歯の消しゴムであるシリコンスティックと、専用の歯磨きペーストがセットになったホワイトニング商品です。

シリコンスティックにペーストを付けて歯を磨くだけなので、誰でも簡単に歯磨き以上のホワイトニング効果を実感できます。

700円もしない低価格と手軽さで人気があり、審美歯科に通えないような若い世代の学生などに最適な商品となっています。

シロティー&ビーポリッシュのメリット

エコロジー

もっとも特徴的なメリットとしては「エナメル質を傷つけない」ことでしょう。
成分の素材として使われている「ケイソウ土」はスポンジ状の丸い形状で、小さな穴が歯の表面の汚れを吸着して黄ばみを除去します。

また、スティックの方に使われる素材もソフトシリコンが使われていて、「ヤスリ」のようにエナメル質ごと削れる心配がありません。
ソフト・シリコンスティックは歯科医でも使用されているものですので、安全性も確立されています。

そして、使用後に歯の再石灰化を促進するために「フッ素」が高濃度で配合されているので、汚れのつきにくいツルツルとした仕上がりになります。

シロティー&ビーポリッシュのデメリット

シロティー&ビーポリッシュは使用者が多く、口コミなどにも多く書き込みがされています。
デメリットとして書かれている口コミで多いのが「白くならない」という声です。

パールホワイトのような確かな実績のある歯磨き粉がありますので、それらと比較すると効果が低いようです。

パールホワイトを1か月使ってみて感じた効果と特徴を解説

市販のホワイトニング歯磨きでは、ポリリン酸ナトリウムやピロリン酸ナトリウム、またハイドロキシアパタイトなどの高機能の成分が使われています。

これらと比べると、シロティー&ビーポリッシュの”ケイソウ土”は、汚れを浮かして除去する性能が低いと考えられます。

安全性と価格の低さでは優れていますが、年齢が高く喫煙をしていたり、お茶・コーヒーなどの嗜好品を摂取する機会の多い社会人では満足できない人もいるようです。

どちらかというと「ホワイトニングの入門用」という位置づけであるシロティー&ビーポリッシュは、黄ばみが軽度でかつ、若い世代の方に向いているホワイトニング製品なのかもしれません。

【この記事のまとめ】

  • シロティー&ビーボリッシュは低価格で扱いやすいホワイトニング製品
  • シロティー&ビーボリッシュはエナメル質を傷つけずに汚れを吸着する
  • シロティー&ビーボリッシュはあまり強い汚れには効果が低い
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ