今日から簡単にできる!歯の黄ばみを予防する5つの方法

黄色い歯は、なんとなく不潔な印象を他人に与えてしまいます。とてもきれいな女性がいたとしても、その女性が笑ったとき歯が黄ばんでいたら、美しさとのギャップに衝撃を受けるでしょう。

歯の黄ばみは毎日の習慣で簡単に予防することができます。是非正しい知識を得て、白い歯をキープするようにしましょう。

1、色素の沈着しやすい飲み物、食べ物に注意する

歯の黄ばみを加速させてしまう意外な習慣とは?でも書いていますが、コーヒーやお茶、ワインなどの飲み物は、歯を黄色くさせる原因になります。ワインと同様にチョコレートも、ポリフェノールを含んでいるため黄ばみの元です。

また、カレーライスやビーフシチューなど色の濃い食べ物も一緒です。

これらのものを摂取するときは、水を一緒に飲んで着色成分を口内にとどまらせないようにしましょう。そして、食後はできるだけ早く歯磨きをするようにしてください。

また、タバコを吸われるも要注意です。タバコのヤニは非常に着色力が強いので、ちょっとやそっとでは落とすことができません。どんなに黄ばみ予防に励んでいても、タバコを吸っていては元も子もありません。

禁煙することで、黄ばみのない白い歯と健康が同時に手に入りますので、是非挑戦してみてください。

また、毎日使う歯磨き粉をホワイトニング用のものに切り替えるだけでも白さは取り戻すことができます。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

2、歯磨きは優しく丁寧に

間違った方法で歯磨きをしていると、歯の黄ばみを助長させてしまうかもしれません。歯の表面にはエナメル質という層があります。このエナメル質は酸性の食べ物や、歯磨き粉に入っている研磨剤によって傷ついてしまう恐れがあります。

エナメル質が薄くなると、歯が黄ばんで見えます。また歯の表面が傷ついて荒くなると、そこに汚れがたまりやすくなり、変色しやすくなります。

そのため歯磨きは優しく丁寧に行いましょう。決してゴシゴシと必要以上に強くブラッシングしないように気をつけましょう。

3、デンタルフロスをつかって汚れを徹底オフ

歯に汚れが残っていると、歯周病、虫歯、黄ばみの原因となります。歯磨き後にデンタルフロスを使用して、細かい汚れを徹底的に取り除くようにしましょう。

デンタルフロスは手軽なお値段で購入することができます。ポーチに忍ばせておいて、食後に化粧室などで使用するのがおすすめです。

歯ブラシでは落とせない、歯と歯の間の汚れを掻き出しましょう。歯磨き後の習慣にすれば、歯の黄ばみ予防につながります。

4、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を

最近ではたくさんの種類の歯磨き粉が売っています。ホワイトニング効果のある歯磨き粉でブラッシングして、歯の黄ばみを落としましょう。

研磨剤入りは、使用後はすっきりしますが、歯の表面を傷つけることもあるので慎重に選ぶようにしてください。あなたに合う歯磨き粉が見つかるまで、いろんな種類のものを試してみましょう。

研磨剤が入っていないホワイトニング歯磨き粉を使えば、安心して歯を磨くことができます。

5、定期的に歯医者でケアを

歯医者嫌いの方は、極力歯医者に行かないようにしますが、歯の黄ばみ予防のためにも定期検診を受けるようにしましょう。

黄ばみがひどい場合はクリーニングもしてくれます。専門家に歯の健康状態を見てもらい、悩みや相談に回答をもらいましょう。黄ばみについてのアドバイスや、正しい歯の磨き方も聞くことができます。

是非これら5つのことを、習慣にしてみてください。歯の黄ばみを予防することができるでしょう。黄ばんだ歯は、マイナスの印象を他人に与えます。きれいな白い歯で、自信をもって、思いっきり笑えるようになりたいですね。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ