歯の黄ばみを加速させてしまう意外な習慣とは?

最近は美容に対する意識が男女ともに高まっているせいもあり、自分の歯の黄ばみが気になっている方は多いようです。

歯が黄ばんでしまう原因はたくさんありますが、黄ばみに悩む多くの方に共通している習慣がありますので、以下にご紹介します。

タバコのヤニは一番多い黄ばみの原因

タバコのヤニが原因で起こる歯の黄ばみは、当たり前のようですが大変に大きな割合を占めています。

黄ばみを何とか落とそうとして煙草用の歯磨き粉を使用した場合、逆に研磨剤の影響で歯に傷がついてしまい、そこに着色してしまうこともあります。この場合の着色は、簡単には落とせなくなりますので注意が必要です。

「健康に良くない」ことで現在タバコを吸う方は減っていますが、綺麗な歯の為にもこの習慣は止めたいものです。

もし、すでにヤニによる黄ばみが付着している場合は、ホワイトニング歯磨き粉によって落とすことも可能です。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

コーヒーや紅茶、緑茶による着色・黄ばみ

コーヒーや紅茶などを1日に数杯飲む方の場合、歯の黄ばみが発生する可能性が非常に高くなります。水分で摂取していますので、本来ならそれほど着色することはないはずなのですが、量を多く摂ることによってどうしても色がついてしまいます。

こういった飲料による着色を防ぐためには、「こまめにうがいをする」ことが大切です。もしうがいをすることが難しいようであれば、水と交互に飲むことを意識しましょう。

歯医者に行かずに『安全に歯を白くする方法』3選

歯の磨きすぎによる黄ばみ

よく市販などで売っている研磨剤入りの歯磨き粉を使ってゴシゴシ歯を磨くと、歯の表面に細かい傷がついてしまいます。この傷にコーヒーやお茶などの成分が入り込み、着色してしまうのです。

良かれと思ってしっかり磨いた結果が逆に黄ばみを加速させてしまうことがありますので、研磨剤が入っていない歯磨き粉を使って磨くようにしましょう。

歯ブラシでついた傷は本当に細かいものですので、見た目ではわからないと言うのが怖い所です。

さらに気を付けたいのは、これらの原因を2つ3つと同時に行った場合です。つまり煙草を吸いながらコーヒーを飲む、と言った習慣ですね。

これによって黄ばみの加速度は倍ではなく二乗してしまいます。喫煙家の人にとっては当たり前の習慣が、黄ばみを加速させてしまうのです。どうしてもと言う方は、合間合間に水などを口に含んで出来るだけ口内の着色を防いでおきましょう。

歯が白い人と黄色い人の違いは生活習慣!見直すべきポイントとは?

口呼吸による黄ばみ

口呼吸もまた歯の黄ばみの原因になります。何故なら、口呼吸することでどうしても口内が乾いてしまい、黄ばみの原因とも言えるステインが付きやすくなってしまうのです。水分の補給を怠った場合も同じことになります。やはり着色が加速してしまいますので夏場でなくても出来るだけ水分補給をしたほうが良いでしょう。

食事の時なども食べ物と同時に、水分の補給を怠りなくしておきましょう。

健康的な白い歯でいるために、また一旦ついてしまった黄ばみを加速させないためにも、これらの習慣行動を振り返ってみることをおすすめします。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ