歯医者で歯を白くする方法や種類、費用について

最近では歯の白さと健康に意識が高まり、歯のホワイトニングをする歯科医が増えています。

しかし”歯を白くする”といってもその方法はさまざまで、施術後の歯の色や耐久性、費用にも大きな開きがあります。

現在行われている、歯科医での歯を白くする施術方法と特徴、費用などは以下のとおりです。

ホワイトニングの種類

もっとも白い歯に近づける可能性が高いのは、「過酸化水素」を歯の表面に塗布することで歯そのものの色を白くする方法です。

アメリカで開発された歯の漂白で、近頃「ホワイトニング」と呼ばれるのはこの施術を指すことがほとんどです。

オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2つに分かれ、オフィスホワイトニングは歯科医で、ホームホワイトニングはマウスピースと薬剤を歯科医から受け取って自宅で行う方法です。

  • オフィスホワイトニング

歯1本につき2000円~5000円
通院は2~4回ほどで完了します

  • ホームホワイトニング

歯全体で20000~50000円
自宅で効果が現れるのは2週間から数ヶ月かかります

PMTC

PMTCは歯の黄ばみを除去して本来の歯の白さを取り戻す方法で、歯の健康にも良く、オフィスホワイトニングの前などにも合わせて行われることが多い方法です。

「歯のクリーニング」とも呼ばれています。

3000~5000円くらいの費用ですが、歯科医によって内容がことなります。医療控除の対象にもなります。約30分~1時間ほどで施術は完了します。

歯のマニキュア

爪に塗るマニキュア同様、歯に白い液体と塗布して短期間だけ歯を白くする方法です。

1本2000~3000円くらいで、1日で施術は完了します。

クラウン

セラミック製の人工歯を被せ物にしたり、差し歯にする方法です。
一度つけると歯の変色がありませんが、健康な歯を多少加工する必要があります。
アメリカでは古くから俳優などが行っていた方法です。

1本80000~150000円と高額です。
施術する歯の本数にもよりますが、だいた3回くらいの通院で完了します。

ラミネートベニア

クラウンと似た人工歯を装着しますが、歯の表面を薄く削り、薄く強度の高い板を歯に貼り付ける方法です。こちらも一度施術すると変色せず白い歯を長く維持できます。

1本60000~120000円と高額です。
通院は2~3回と短期間で完了します。

 

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは最も新しい方法で、歯を削ることなく驚くような白い歯になることで人気の方法です。
通販などで薬剤を購入するとさらに費用を安く抑えることができるでしょう。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ