研磨剤入りの歯磨き粉のデメリットと注意点

最近では、高額である歯科医でのホワイトニングから、市販品のホワイトニング歯磨き粉に切り替える方が増えているといいます。

ドラックストアなどでは、黄ばみを除去するような機能をもったホワイトニング歯磨き粉が売られていますが、その多くに「研磨剤」が配合されています。

研磨剤は物理的にステインやヤニを落としてくれる効果の高いものですが、デメリットや注意点も非常に多いため、使い方には慎重さも必要です。

ここでは、研磨剤入りの歯磨き粉のデメリットと注意点を解説します。

研磨剤はエナメル質を傷つける危険性がある

歯の表面には本体の象牙質を守るために硬いエナメル質の層で覆われています。

このエナメル質が傷ついて穴が開いてしまうと、たちどころに象牙質は菌に犯され虫歯になってしまいます。

食事を摂ると、糖質がエナメル質を侵食する「脱灰」という現象がおき、それを唾液の成分で修復する「再石灰化」という化学反応で歯の健康を維持しています。

研磨剤は細かい粒子状で、汚れやステイン、ヤニをやすりで擦るように落とすので、このエナメル質を傷つけてしまうのです。

砂のついたタオルで車の塗装面を擦るようなものであり、エナメル質はざらざらになってしまいます。

使いすぎると逆効果になる

研磨剤の洗浄力は強力ですので、磨けば磨くほど歯は白くなります。

しかし、唾液による再石灰化が追い付かないと歯の表面は凸凹になり、以前にも増して汚れやステインが付着しやすくなるのです。

ステインはペンキなどの塗料のような性質です。

男性の方でペンキを使ったことのある方ならご存知かと思いますが、つるつるの面には塗料がのらないため、ペンキを塗る時には必ず紙やすりで塗布する場所を擦ってザラザラにします。こうすることでペンキは強く付着して剥がれにくくなります。

研磨剤入り歯磨き粉はこれと同じ状態をつくってしまい、せっかく白くした歯に再びステインが付着すると、以前よりもステインは強力に付着して歯を変色させてしまうのです。

最近になって、研磨剤を一切使用せずに黄ばみを効果的に落とせる歯磨き粉も販売されはじめています。安全に白い歯を手に入れたいという方は一度試してみると良いでしょう。

研磨剤なし歯磨き粉の最新ランキングは以下の記事にまとめていますので、興味のある方は合わせてご覧ください。

【最新版】歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

研磨剤の使い過ぎは「虫歯」の原因にも?

エナメル質のざらつきはステインの付着だけが問題ではありません。

小さな傷の間には、歯垢(プラーク)の温床となってしまいます。

傷の中に入り込んだ歯垢は歯ブラシの毛が届きにくく、どうしても磨き残しをつくってしまい、歯石化してしまうと、さらに除去は困難になります。

それを放っておくといつかは「虫歯」になる可能性が高くなります。

研磨剤の使用は週に1回を目安に

ペンキの塗装面と違い、人間の歯は復活し、それは前述の再石灰化によって行われます。

もし研磨剤を使用したら、1週間は期間を開けるようにしましょう。

その頃にはエナメル質も十分に修復されて強くなっているはずです。

また最近ではドラッグストアや通販で売られている「フッ素ジェル」や、ガムの添加物として配合されている「キシリトール」を使うのも良いでしょう。

これらは歯の再石灰化を促す性質があり、唾液での再石灰化を補ってくれるのです。



研磨剤入り歯磨き粉の理想的な使い方

  • 研磨剤入り歯磨き粉を使うのは1週間に1回
  • ブラッシング後はフッ素ジェルを塗布する
  • 普段からキシリトール入りガムを食べるようにする
おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ