ステインを落とす成分を知って効果的に除去する

歯が黄ばむ1番の原因は「ステイン」が歯の表面に付着することです。

歯科医でのホワイトニングの際にも、まずステインを除去することからもわかるように、「本来の歯の白さ」を失う原因なのです。

「歯を白くしたい」と考えている人は、まずステインがどういったものなのか、またステインを落とす成分にはどんなものがあるのか、を知っておくとよいでしょう。

ステインとは?

ステインは、虫歯の原因になるような歯の汚れではなく、食品に含まれる色素が正体です。
ステインの成分には以下のようなものがあります。

タンニン

お茶やワイン、コーヒーなどに含まれる成分でポリフェノールの仲間

イソフラボン

豆類に含まれるポリフェノール

アントシアニン

ブルーベリーやブドウに含まれる色素

ビタミンB群

ビタミンの中にも色素をもつものがあり、ビタミンB群は濃い黄色をしています

イオウ

にんにくやネギ類に含まれる成分

 

これらは健康上摂取が推奨されている成分であり、歯を白くしたいからといって食べないわけにはいかないものたちばかりです。

そして現在、歯を白くする目的で使われる歯磨き粉には、これらのステインを除去するはたらきのある成分が配合されているものがたくさんあります。

ステインを落とす成分は?

炭酸カルシウム・リン酸水素カルシウム

歯の表面に付く汚れ「プラーク」はステインを付着させやすい性質があります。
このプラークごとステインを除去し、あらたに付着することを防ぐ目的で使われます。

ピロリン酸ナトリウム・ポリリン酸ナトリウム

ステインは塗料のようなもので、歯の表面がざらついたりしていると色がつきやすくなります。
歯の汚れの一つである歯石もステイン汚れの原因になります。

歯石を落とす効果の高いこれらの成分は、ホワイトニング効果のある成分の中でも高い効果を発揮するものです。

パールホワイトを1か月使ってみて感じた効果と特徴を解説

ポリエチレングリコール

たばこのヤニ取りなどの効果があることでステイン除去の成分として有名です。

メタリン酸ナトリウム

歯のエナメル質とステインの間に入り込んで色素を浮かして落とす成分。
ステイン吸着の予防効果も認められています。

安全で効果的な歯磨き粉を使おう

以前まで使われていたホワイトニングと言えば研磨剤入り歯磨き粉くらいしかありませんでした。

上記の成分は、歯から汚れや色素を削り落とすようなものではなく、化学反応を利用した新しい発想から生まれたものです。

歯磨き粉だけでなく、ガムやうがい薬などにも含まれ、ドラッグストアでも手に入るものばかりです。

 

ここ最近のホワイトニングブームで、ステイン除去が注目を集めています。
歯科医でのホワイトニングとは違い、歯そのものを漂泊する効果はありませんが、本来の自分の歯の色を取り戻すことができ、安全で低価格です。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ