オフィスホワイトニングの流れと注意点

オフィスホワイトニングは短時間で行う美白効果の高い方法です。

もう一つのホワイトニング方法であるホームホワイトニングの10倍ほどの強さの薬剤を使い、レーザーなどの光を照射して歯を白くします。

芸能人やスポーツ選手など、メディアに露出の多い職業の方が行っている方法で、あの白さに憧れる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんなオフィスホワイトニングの施術の流れや注意点を解説します。

オフィスホワイトニングの全体的な流れとは?

  1. カウンセリング
  2. 口内チェック(虫歯や歯周病など)
  3. 歯の色の測定・写真撮影
  4. クリーニング(*PMTCや歯石除去など)
  5. 希望の歯の色と目標の設定
  6. 歯にマスキングを施して薬剤を塗布する
  7. 光の照射(レーザーやハロゲンライト)
  8. 終了したらフッ素コートで保護
  9. 最後に術後のセルフケアなどの説明

もし虫歯や歯周病などがあればそれらの治療を先に行います。

歯の汚れがひどい場合はPMTCや歯石除去で、まず汚れを落としてからホワイトニングを行います。

PMTCを行った場合には歯への負担を考慮して1~2週間の期間をとってホワイトニングを始めますので、初診から完了までは歯の状態によっては大きく差がでます。

*(PMTC)
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科衛生士による、専門機器を使った歯のクリーニングです。
普段のブラッシングやデンタルフロスでは取れないような汚れを除去することで、美しい歯の輝きが得られ、虫歯や歯周病予防にも効果があります。

オフィスホワイトニングの注意すべき点

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べると効果は抜群で、虫歯治療などがない場合はかなりの短時間で完了できる方法です。

しかし術後の食生活やケアの状態によっては、思ったよりも早く白さが失われることもあり、また費用は高額になります。

白くすればするほど色が戻りがちになりますので、ホワイトニング歯磨き粉などを使ってアフターケアをしっかり行うことが大切です。

PMTCや虫歯治療などは別料金になりますので、それらの説明はしっかりと聞いておきましょう。

ホワイトニング完了後~色戻りに対しての2つの対処法

ホワイトニングには色戻りがつきものですが、対処策もあります。

一つは部分的に色戻りした場合に、「タッチペン」方式で部分的にホワイトニングする方法です。必要部分だけに施術しますので低料金ですみます。

もう一つの方法はホームホワイトニングをセルフケアの一つとして取り入れる方法です。ホームホワイトニングは半分くらいの金額ですし、一度マウストレーを作ってしまえば、後は薬剤の追加購入だけですみます。

ホームホワイトニングを取り入れることは白さを保つ最善の方法として歯科医の方からも薦められるでしょう。

自宅で歯を白くできる!ホームホワイトニングの流れと注意点

歯の健康状態によってはすべてを終えるまで時間がかかってしまうこともありますが、白い歯を目指すならもちろん歯自体が健康でなくてはなりませんね。PMTCなども現在注目されている施術であり、これとホワイトニングを組み合わせることで歯を白く元気に蘇らせることができるでしょう。

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ