自宅で歯を白くできる!ホームホワイトニングの流れと注意点

最近では「自宅で歯を白くしたい!」と願う方が増えており、歯科医の指導のもとで行うホワイトニングが人気です。

歯科でできる歯のホワイトニングには以下の2種類あります。

アメリカでのホームホワイトニングの普及率は高く、9割以上の人が経験をしている、と言われるほど手軽で始めやすいホワイトニング方法です。

ホームホワイトニングの全体的な流れ

ホームホワイトニングをスタートさせるにはまず歯科医への受診が必要です。

そこでホームホワイトニングを始められるかどうかをチェックしてもらい、必要な準備をします。

歯科医での流れ

  1. 口腔内全体の診察(ホワイトニングができる状態かどうか)
  2. 虫歯のチェックと治療
  3. 歯のクリーニング(着色や歯石を取る)
  4. 歯型からマウストレーを作る
  5. 自宅ホワイトニングの方法の説明を受ける

マウスピースが完成するまで1週間ほどかかる場合があり、使用方法の説明を受ければ、そこから自宅でホワイトニングの開始となります。

自宅での流れ

  1. 歯磨き
  2. マウストレーに薬剤の注入をする
  3. 歯に装着
  4. 約2時間装着(使われる薬剤によって多少誤差がある)
  5. マウストレーを外して歯を磨く

自宅でのホームホワイトニングが1週間を進んだところで、一度歯科医で効果をチェックしてもらいます。

初診では施術前の写真を必ず撮影していますので、それとくらべて効果の具合をチェックし、必要なら薬剤を追加してもらいます。

ホワイトニングの注意点とは?

ホワイトニング中の2時間はもちろん飲食、喫煙は禁止です。

そしてホワイトニングをしている期間中は歯に色が付きやすい食べ物を控え、歯磨きなどはこまめに行って色素沈着を防ぎます。

目に見えて歯が白くなったように感じても、ホワイトニングは「色戻り」することがあります。

納得のいく白さになってもさらに1週間ほど続けることで安定するようになります。また、歯を白くする歯磨き粉を使うことによって、新たな汚れを付着しにくくすることもできます。

ホームホワイトニングは使用する薬剤も弱めで、マウストレー以外は特別な器具を使いませんので、はじめての方でも安心して始められます。

オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が低料金で済みますし、使われる薬剤の濃度も1/10程度ですので、どうしても簡易的な印象がありますが、「色戻りしにくい」という大きなメリットがあります。

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングとも、歯の色そのものを白く漂泊する特殊な薬剤を使います。

この薬剤は日本の法律上、医師の処方以外で使用することを禁じられていますので、ドラックストアなどでは同様の商品は売られていません。

ただ、海外では「オパールエッセンス」という、美容歯科で使われる薬剤と同じ薬剤を用いたホワイトニンググッズが売られており、爆発的な人気があります。

日本で手に入れるためには、輸入代行サイトを利用することで入手が可能です。

自宅ホワイトニングではオパールエッセンスが最強?使い方・注意点・副作用

オパールエッセンスが販売されている通販店は?一番お得なのはどこ?

おすすめの歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

【はははのは】
<初めての方におすすめ!>


初回1980円でコスパ◎黄ばみに悩む方は1本持っておくと安心!

数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも特に「低価格で白くなる」と評判。返金保証つきで初心者の方に大人気!

【パールホワイト】
<より早く実感したい方に!>

早く効果を実感する方が多いホワイトニング歯磨き粉
黄ばみ落とし、歯の美白に加え、虫歯・口臭予防がこれ1本で可能。数あるホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスの人気を誇っています。


サブコンテンツ